ムダ毛を自己処理するリスク

最近では女性だけでなく、男性もクリーンなイメージのため、ムダ毛処理をする人が増えています。

簡単にできるムダ毛処理方法ではカミソリで剃ったり、毛抜きや脱毛クリームなどがありますが、このようなムダ毛処理方法は怪我や感染、色素沈着などの肌トラブルを引き起こすリスクがあります。

特に、脱毛クリームの場合は化学成分を肌に直接塗ることで、赤い斑点や湿疹が起こるなど、いくつかの副作用が現れるリスクがあります。 したがって最近では、このような手間や自己処理のリスクのため、永久脱毛ができるレーザー脱毛が人気であります。

レーザー脱毛はレーザーが毛の黒いメラニン色素に選択的に吸収され、毛根を破壊させる原理で、4〜8週間の間隔で5〜6回程度は続けて施術を受ける必要があります。

また、レーザー脱毛は脇の部分だけでなく、ふくらはぎや腕、顔全体など多様であり、皮膚の特性や毛根、毛包の状態、脱毛部位の特徴を考慮する必要がありますので、施術前の十分な相談と診断が重要であります。

レーザー脱毛施術後は色素沈着を防ぐために直射日光を避ける必要があり、また痒みなどを感じる場合には水分クリームやローションを塗って保湿を維持するようにします。